桑田真澄 哀れ戦力外通告

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070815-00000009-ykf-spo

【スポーツニュース2007 メジャーリーグ】
 アメリカメジャーリーグ、パイレーツは39歳、桑田真澄投手に戦力外通告したと発表。球団はウエーバーにかけ、メジャーの他球団から獲得の申し込みを待つ。
 メジャーリーグのマウンドを人生最後の花道と位置づけていた桑田真澄。この機に引退という選択をする可能性も高い。
 桑田は8月13日にジャイアンツ戦に登板。1イニング内に4長打を含む5安打5失点と炎上し、地元ファンから大ブーイングを浴びた。今季の防御率は9.43。メジャーリーグのマウンドの夢を果たしたがはかなく散ることになりそうだ。

勝手にコメント↓【勝手にコメント】
 個人的に日本の巨人軍にいた時の桑田はあまり好きではなかった。優等生面というか、そつなくこなしてしまう感じが“いけ好かない”というイメージ。
 そして桑田の巨人軍での晩年は「何を必死にしがみついてるのだろう?」と哀れさばかりを感じてしまっていた・・・。ところがその後、引退かと思いきやメジャー挑戦。
 桑田はただただ野球が好きで、ピッチャーという仕事に誇りを持ち、チームの勝利に誰よりも貪欲なのだと知ることが出来た。私も手のひらを返したように応援し始めた矢先にこの戦力外通告。「もういいよ、よくがんばった」なんて言えるはずもないが、そう声をかけてあげたい気持ちになっています。

この記事へのコメント
コメント大歓迎です♪
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。