日本代表取りこぼしかけ?

【スポーツニュース サッカー】
サッカー日本代表は2日、埼玉スタジアムでワールドカップ・アジア3次予選の初戦となる北朝鮮戦に臨み、後半ロスタイムに吉田麻也がゴールを決め、1−0で勝利した。

 時折、激しい雨がたたきつけた序盤、日本は引いた北朝鮮の守備に手こずり、なかなかシュートまで持ち込めない。それでも圧倒的にボールを支配すると、徐々に北朝鮮ゴールを脅かす。32分には李忠成のヘディング、その1分後には香川がシュートを放つなどチャンスを作ったが、ゴールには至らず。0−0のまま試合を折り返した。

後半15分、日本は柏木に代えて清武弘嗣を投入。次いで李に代えてハーフナー・マイクをピッチに送り出す。攻撃のリズムをつかんだ日本はたびたび決定機を迎えるが、最後のところでゴールが奪えない。しかし後半ロスタイム、清武のアシストから吉田がヘディングで決勝点。日本が1−0で北朝鮮を下した。

日本代表は6日、敵地でウズベキスタン代表とW杯アジア3次予選の第2戦を戦う。


勝手にコメント↓【勝手にコメント】
サッカー日本代表、ワールドカップアジア3次予選の初戦、北朝鮮戦は圧勝が求められたはず。
長友や本田が居ないにせよ、日本代表として、召集できる中ではベストに近いはずなのに・・・

[日本代表メンバーの布陣]
GK:1 川島永嗣
DF:3 駒野友一、6 内田篤人、15 今野泰幸、20 吉田麻也
MF:7 遠藤保仁、17 長谷部誠(Cap)、8 柏木陽介→11 清武弘嗣(後半15分)
FW:9 岡崎慎司、10 香川真司、19 李忠成→18 ハーフナー・マイク(後半25分)

サブ:12 西川周作、23 権田修一、2 伊野波雅彦、4 栗原勇蔵、5 槙野智章、13 細貝萌、14 中村憲剛、22 阿部勇樹、16 田中順也、21 原口元気

テスト的なメンバーが数名入って居たけどもうちょっと丁寧にやれればなー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。